失った歯に新しく歯を植えます
インプラント

インプラントとは?

従来、歯が抜けた場合の治療法は、両隣の歯を削ってつなぐ『ブリッジ』、または『入れ歯』しかありませんでした。このような治療は残された歯に負担がかかり、入れ歯による違和感もあります。
『インプラント手術』は、失った歯の部分に新しく歯を植え、噛む機能を回復させる治療法です。新しい歯は骨にしっかりと固定されるので違和感が少なく、自分の歯として使っていただけます。

インプラント埋入前

インプラント埋入後

インプラント手術の流れ

STEP1

まずレントゲンにより欠損部の骨の状態を細部まで診断します。それにより得られたデータに基づき治療計画の説明をじっくりと行い、植立するフィクスチャーの長さや、種類を決定します。

STEP2

歯をなくした部分の顎の骨にインプラントを埋め込みます。
しっかりと麻酔が効いた状態で行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。
手術時間はおおよそ1時間程度です。

STEP3

固定期間は通常、下顎3ヶ月で上顎4ヶ月となります。
インプラント体がしっかりと骨に固定されたら、人工の歯(上部構造)を装着します。周りの歯に負担を与えることなく、機能性や審美性を回復することができます。

STEP4

インプラントにより治療を行った場合は、歯ぐきも自然な状態に回復することが可能です。
美しい状態を長期に保つためにも、正しいブラッシングと定期的なメインテナンスが大切です。

OAMインプラント

インプラントとは?

インプラントとは、失った歯の代わりに人工の歯をいれる、入れ歯ではない新しい治療法です。
最近では第二の永久歯とも言われています。歯科で「インプラント」と言えば「人工歯根」を指します。
つまり、人工的に作られた歯の根(土台)という意味です。
この歯の土台はチタン金属で作られ、現在ではチタン金属表面に特殊な処理を行い表面積を増やしたタイプのものやチタン金属表面にハイドロキシアパタイトという歯の主成分と同じものをコーティングしたタイプのインプラントが主流となっています。
この「インプラント」を、歯を失った顎の歯肉下の骨の中に埋め込み。
歯と同じ形の人工の歯を取り付ける治療方法をインプラント治療と言っています。
入れ歯とは異なり、見た目も、食事の時の感覚も天然の歯と同じ様に感じることが出来ます。


ドリルも骨移植もほとんど必要としない、今までにない画期的な方法です。

従来式がドリルで骨に穴を開け、削ってしまうのに対して、こちらでご紹介するインプラント法は針の様な特殊な器具を刺すだけです。
右図を見て頂いてわかるように、どちらが体に優しい手術法であるかは、一目瞭然です。
この方法は医学博士 大口 弘 先生によって開発された治療法で、今では「大口式インプラント法」や「OAMインプラント法」と呼ばれるほど、全国の歯科医師が注目している新しいインプラント治療法になります。


『大口式』の有効性

  • ■インプラント体がしっかりと固定される
    「従来式」のインプラントでは、ドリルで開けた穴とインプラント体との間に隙間が生じて、それがぐらつきや不安定の原因になっていました。 しかし、大口式ではその隙間はほとんどありません。
    それどころか、いったん押し広げられた骨が元に戻ろうとして、インプラント体の周りを締め付け、確実な初期固定を得ることができます。
  • ■噛み合わせの調整がしやすい
    噛み合わせは対合する歯と噛み合う位置が大事です。 「従来式」だと、一度ドリルで削ってしまうとやり直しがきかなく、方向が失敗してしまうと、もうそれまでです。
    一方ドリルを使わない『大口式』では極細の針を手技だけでソフトに押し込んでいき、徐々に太い針に変えていく方法なので、細かな方向の調整がしやすいのです。
    最高の噛み合わせが得られやすく、医師にも患者さんにも安心・安全な手術法です。
  • ■安全性が高く、身体へのダメージが少ない
    これまでのインプラント法ではドリルで骨を大きく削るため、顎の骨に亀裂が入ったり、骨の中の神経を傷つけてしまうような医療事故も起り易かったですが、 ご紹介するインプラント法では、最初に開ける穴は針先ほどの小さな穴ですし、それを少しづつ太い器具に交換していくだけなので、 「誤って貫通させる、神経を傷つける」といった事故は起こりようがありません。

大口弘先生が考案したインプラント治療手順

  • 手順1
    極細のドリル(直径0.5ミリ)でインプラントの位置決めをします。
    ほんとに小さいので、ドリルの嫌な音も振動もほんとんどありません。
  • 手順2
    次に細いリーマー(手動のドリルみたいなもの)で専用器具の通り道をつくります。
    手動ですから何も音がしません。
  • 手順3
    次から専用器具(O.A.Mオーギュメーター)を使い穴をひろげます。
    痩せてしまった骨でも少しずつ広げるから、インプラントをあきらめた患者様でも大丈夫です。
    ※お近くのOAMインプラントシステム導入医院にご相談ください。
  • 手順4
    太さを代えてだんだん穴を大きくしながら、ゆっくりと拡大して行きます。
  • 手順5
    骨とインプラント体が結合したら歯がはいります。
    ※骨が丈夫になるからドリルを使用する手術より短い期間で歯がはいります。

費用の目安

埋入手術+上部構造保綴物(通常セラミック歯) 370,000円~
GBR 50,000円~
オステオトーム 20,000円~
総義歯(金属床) 250,000円~
マグネット 50,000円~

その他治療法

ブリッジ

欠損部の両隣の歯を削り、連結したクラウン(人工の歯)を装着します。

長所
比較的、短期間で治療が終了します。
固定式なのである程度、機能と審美性を回復することが出来ます。
短所
健康な歯を削らなくてはいけません。
連結しているため、汚れがたまりやすく支台となる両隣の歯に過重負担がかかります。

義歯

取り外し式の義歯を装着します。

長所
歯を削ることなく、短期間で治療が終了します。
短所
歯肉に乗せるため、汚れがたまりやすく、違和感を感じやすい。審美性や機能性の回復が困難であり、しっかりと噛めない。

Q&A

Q手術は痛くないですか?

手術自体は充分麻酔をして行うので、ほとんどの場合痛みはありません。麻酔が切れてからの痛みや腫れは、2~3日発生する可能性はありますが、お薬で抑えることができる程度です。

Q治療期間はどのくらいかかりますか?

骨の状態にもよりますが、通常下顎で3~4ヶ月・上顎で6~10ヶ月ほどです。

Qインプラントの寿命はどのくらいですか?

インプラントそのものは体となじみが良いチタンでできているので、骨に固定されれば長期間にわたり使っていただけます。しかし自分の歯と同じで毎日の正しいブラッシングや半年~1年に1度のメンテナンスをしっかり行なわないと寿命を短くする原因になります。